トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月25日 (火)

№003 ドップラー効果

図解・科学技術用語
科学・技術に関わる法則・定理・などを図解により簡単に解説します。

Photo_2

№003 ドップラー効果

音波の場合、音源と観測者が近づくときに音が圧縮され高く聞こえ、遠ざかるときは音が引き延ばされ低く聞こえる。この現象をドップラー効果という。
1

マイクロ波のドップラー効果は航空機や自動車の速さの測定に応用されている。
又、レーザー光のドップラー効果を利用して液体の流速を測定するドップラー流速計も実用化されている。
更に、超音波利用のトップラー効果は広く活用されている。

キーワード 
       音波/超音波/電波/レーザー/進行波/反射波/位相/音叉/偏差 

「TRIZ」との関連

          周期的作用 ① http://gah03167.g.dgdg.jp/p037205.html

          周期的作用 ②  http://gah03167.g.dgdg.jp/p038206.html

          非対称原理   http://gah03167.g.dgdg.jp/p052501.html

「TRIZMEGANE」技術系課題解決の手法、その為のアイデア出し手法 のホームページ     http://gah03167.g.dgdg.jp/index.htm

身近な関連事項

マイクロ波動体検知/動体からの反射波と原発振波の周波数差から運動を検知

スピードメーター/ 野球ボールの投球速度を測定

衝撃波(マッハ) /進行波音を追い抜く速度に達すると音の塊(圧縮塊)が出来これから 爆発的音エネルギーが派生する。

110117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

№002 キュリー点 ( 温度)

図解・科学技術用語
科学・技術に関わる法則・定理・などを図解により簡単に解説します。

Photo_2

技術的な問題解決その為のアイデア出しにはベースとなる知識が必要です。
豊富な知識は発想の展開を援助します。
忘れてしまった用語を復習のつもりで御寸見下さい。
又、「TRIZ」における課題解決の為のヒント集と成る事を目指します。
記憶に留まり易いようになるべくイラストで説明するつもりです。
700フレーズ程を予定しています。又、時節の話題に関わる用語も取り込むつもりです。

 * イラストには著作権が発生します、個人的な利用以外はご遠慮下さい。

 №002 キュリー点

キュリー点とは磁性媒体が加温により磁性を急速に失う温度点を言う。

Photo
キュリー夫人(放射能の研究でノーベル賞受賞)の夫ピエール・キュリーにより発見された。

今日キュリー温度で話題になる事は電気自動車用モーターに使用されるネオジム磁石だ。
このネオジム磁石100℃を越える温度では急速に出力が落ちるのだ。

これを防ぐ為に希少金属ジスプロシウムを添加すると150℃付近まで性能低下が無いのだ。

しかし、このシスプロシウムが非常に入手困難なのだ。

この為シスプロシウムの使用量を減らす研究や使用しない研究が進められている。

110121

又、全く異なったモーター形式も研究されている。
興味が有ればご覧下さい。

「 AtoZ HV自動車用モーター、レアメタル類は不要と成りそうだ  ! 」
http://trizmegane.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/atoz-hv-a533.html

キーワード 
         温度 /加熱/磁力/保持力/磁気/変態点

「TRIZ」との関連

温度変化と保持力 /他次元移行原理   17項

              http://gah03167.g.dgdg.jp/p050404.html

              相変化原理  36項

                http://gah03167.g.dgdg.jp/p067516.html

 「TRIZMEGANE」技術系課題解決の手法、その為のアイデア出し手法 の

ホームページ     http://gah03167.g.dgdg.jp/index.htm

身近な関連事項
感温リードスイッチ  /キュリー点の低い磁石と高い磁石を組み合わせスイッチを ON/OFFする。

MO記録媒体 原理  /磁気膜をレーザ光の熱により無磁化してから信号を書き込む

刀鍛冶 焼き入れ温度判定 /鉄のキュリー温度770℃を利用して砂鉄落脱から焼き入れ温度を判断した。

2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

№001 アルキメデスの原理

図解・科学技術用語
科学・技術に関わる法則・定理・などを図解により簡単に解説します。

Photo

技術的な問題解決その為のアイデア出しにはベースとなる知識が必要です。
豊富な知識は発想の展開を援助します。
忘れてしまった用語を復習のつもりで御寸見下さい。
又、「TRIZ」における課題解決の為のヒント集と成る事を目指します。
記憶に留まり易いようになるべくイラストで説明するつもりです。
700フレーズ程を予定しています。又、時節の話題に関わる用語も取り込むつもりです。

 * イラストには著作権が発生します、個人的な利用以外はご遠慮下さい。

№001 アルキメデスの原理 
  「浮力の原理」
 液体中に固体を沈めると、それはその体積と同じ量の液体を押しのける。
押しのけられた液体のそれまでかかっていた圧力が、今度はその物体にかかる事になり、それによって上向きの力が発生する。

1

「比重とは」
(その上向きの力が下向きの重力を上回ればその物体は浮くし、そうでなければその物体は沈む。  つまり、物体はその密度が液体よりも小さければその液体に浮くわけである)

2

キーワード 
         アルキメデス /浮力/液体/押しのけ/圧力/比重/密度/浮く

「TRIZ」との関連
浮力による密度の判定/  メカニズムの代替 28項
            http://gah03167.g.dgdg.jp/p029108.html
            http://gah03167.g.dgdg.jp/p030109.html
                 つり合い原理 8項
            http://gah03167.g.dgdg.jp/p055504.html

 「TRIZMEGANE」技術系課題解決の手法、その為のアイデア出し手法 の    

   ホームページ  http://gah03167.g.dgdg.jp/index.htm

身近な関連事項
 比重計        / 液体密度と浮上体体積
 トマト塾度      / 完熟トマトは水没する、未熟トマトは浮上する。
 温液保温蓋ボール /  フロートボール、密接全閉 による蓋効果
 浮沈球式温度計  / ガラス球の熱膨張による体積変化を球密度に変換している

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2011年2月 »