2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集 お友達など

最近のトラックバック

« アビー CAS冷凍技術で東京大学と共同研究 | トップページ | 液体冷却 半導体 »

2010年8月18日 (水)

真水で海水魚を育てる 魔法の粉  WBSで再度紹介されました

Trizmegane

金魚は海水の中では活きられない、又鯛は真水の中では活きられない。
 

しかし好適環境水なるものの中では両者が生育出来るという。
こんな不思議な環境を成立させる疑似海水の素を発明した方が山本 俊政氏だ。
発想の原点は、古代の地球環境の海水は塩分濃度がずっと低く魚は全てこの中で育っていたのだから現在の魚にも共通の環境が有るかもしれない。こんな事だそうだ。

そこで海水・淡水魚の最も異なる環境「塩類」に着目した。
塩類による「浸透圧」を現状の海水含有物・濃度にこだわらず研究した結果予想外に低い濃度であることが解った。

海水中の含有物上位5種  (元素別)

元素名    平均含有量(g/kg)     比率     累積比率
塩素           19.35        58.20%     58.20%
ナトリウム       10.7         32.40%     90.60%
マグネシウム      1.2          3.80%     94.40%
硫黄           0.89          2.70%     97.10%
カルシウム       0.41          1.20%     98.40%
カリウム         0.39         1.20%     99.60%

塩化ナトリウムが海水1(kg)中に約23~28(g)で残り塩類の含有量は12~7(g)合計35(g)前後である。

その他に50種以上の元素が含有されている。

山本氏は魚類への「浸透圧」に強く影響するものを考慮し、最少限の成分を加えることが最良と考え、種々の実験を重ねた。

結果、真水に塩化ナトリウムを7.05(g/l)、塩化カルシウム2水和塩を0.36(g/l)、塩化カリウムを0.18(g/l)となるように溶解させる好適環境水を作成する。

わずか3種類の薬品である、且つ塩化ナトリウムは海水に比べて1/3以下である。
この条件で種久の生育実験を行い好調な結果を得た。

① 海水中に存在する寄生虫や菌類に起因する発病が無い。
②  生育が海水よりも早い。
副次的には
③ 超低コストの人口海水が得られる。市販海水の元は1000円/100リットル程だ
④ 飼育用漁具に殺菌剤・抗生物質なとを添加しなくて良い。
⑤ 水源のある山村で海水生物の養殖が出来る。
など大いなる成果が出ている。

いかがであろうか発想のすばらしさと粘り強い実行・実験がもたらした結果といえる。
詳細に興味有る方はこの特許をご覧下さい。
http://www2.ipdl.inpit.go.jp/begin/BE_DETAIL_MAIN.cgi?sType=1&sMenu=1&sBpos=1&sPos=1&sFile=TimeDir_11/mainstr1281492888921.mst&sTime=1281493128
公開番号】 特許公開2010-166933
【公開日】 平成22年8月5日(2010.8.5)
【発明の名称】 人工飼育水
【出願番号】 特許出願2010-109674

又、見ても楽しいホームページがあります。
トラフグ養殖日記   http://kakenet.net/nikki/index.html
近日の中継映像が公開されています。

さて世間にはこれは単に生理食塩水を薄めたものではないですかと酷評する者もいる。
しかし、生理食塩水で淡水・海水魚を飼育した者がいたでしょうか ?

思いついても「手を動かさない」ならば実績も名誉も発生しない。
正解の有無も解らず挑戦し、課題を解決した者のみが栄誉を授かるのです。
後講釈・後追いでは名誉も実利も発生しないでしょう。

エベレスト初登頂の「ルートを開いた」ヒラリー候には名誉が与えられた、その後の登頂者3600名には名誉の欠片も発生しないのと同様でしょう。

 発想の類推例 その一
現在植物の生育には「光」による光合成が必要と考えられている。
当然、野菜栽培では特定波長のLEDによる促成栽培が盛んに行われている。
だいぶんに省エネには成りつつある、しかし栽培液に「糖類とアミノ酸類」の添加により更に低照度で生育する事が知られてきた。
光合成による糖生成を直接的に具現させる事のようだ。

更なる研究に期待したい。

 発想の類推例 その二
最近国産表示のワインに低価格の品が目立つ
調べてみると輸入果汁に加糖して発酵させるのだそうだ。
スーパーで100円/1L のジュースが原料ならばなるほどとうなずける。
当然に国内の果樹園からのワイン作りは採算性で苦戦しているようだ。

しかしこの様な「類推からの発想方法」は是非活用出来る様マスターしておきたいものだ。

近々開示予定のホームページでこれらのテクニックの一端をお見せします。
ご期待下さい。
例えば、40の発明原理中のランク②/13では逆発想の例として以下の様な図を揚げています。

Photo

これにより自分の持ち分の課題に「類推適用」出来ないか検討出来る。

      !!     いよいよ スタート  !!

TRIZ の技術をふんだんに含んだ 問題解決手法・アイデア出し・新商品開発に効果的な手法 「アミダ メソッド」 一部公開しています。

覗いてみてください。

http://gah03167.g.dgdg.jp/p003tejun.html     制作 /夢少年    

Terotupu_2

更に 新ブログ スタートしました!

    「図解 科学技術用語」

 リンクはこちらから http://trizmegane.cocolog-nifty.com/zukai/

科学・技術に関わる法則・定理・などを図解により簡単に解説します。

Photo_11

« アビー CAS冷凍技術で東京大学と共同研究 | トップページ | 液体冷却 半導体 »

コメント

 日立金属のSLD-MAGICの登場でメラミックスは用なしの技術となってしまいましたね。

やっとできましたね。
大変な労作ですね。
技術予測は可能なのでしょうか。
大変に期待しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528803/49175785

この記事へのトラックバック一覧です: 真水で海水魚を育てる 魔法の粉  WBSで再度紹介されました:

« アビー CAS冷凍技術で東京大学と共同研究 | トップページ | 液体冷却 半導体 »