2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集 お友達など

最近のトラックバック

« メラミックス、住金物産が本格販売開始。 | トップページ | シリコン振動子 »

2010年3月14日 (日)

東芝 脳波 測定機 発売発表

  読売新聞 3/14日付け2面にて

人の脳波を測定する事により「集中度」「リラックス度」を測定表示する装置を販売すると発表した。

脳波の測定は本来難しい事だが一般人が手軽にヘッドホーンを付けるが如くで測定出来るらしい。
紙面でサンプル表示されているグラフィック状態を見ると

デルタ波δ(デルタ):1~3Hz 、シータ波θ(シータ):4~7Hz、アルファ波 α(アルファ):8~13Hz 、ベータ波β(ベータ):14~30Hz 、ガンマ波 γ(ガンマ):30~64Hz を表示している様に見える。
又、集中度・瞑想度も表示している様にも見える。

よく見ると以前「東京ゲームショウ2009」で発表された、米国のベンチャー企業NeuroSky社の「MindSet」に類似している。

Photo_3
あるいは技術提携などしているのかもしれない。
参考にNeuroSky社の「MindSet」写真などを張り付けておきます。
http://www.neurosky.com/mindset/visualizer.html

Photo_4

さてこれだけで脳波の一部分であれノイズ無しに測定出来るならば応用事項は膨大に考えられる。

第一にゲーム向けだろう。

任天堂の 「Wii」が体を動かす事によるゲームをあれほど出せるのだから、「脳波」による数々のゲームは当然に色々出てくるだろう。
又、眠気を医療的に測定するのみ成らずゲームとしても活用出来るだろう。
アルファ波 の湧出コントロールは瞑想トレーニングのみならず健康的生活状態の持続などへも応用出来よう。
「笑い」状態が作り出すと言われる「自然治癒力をアップ」させるトレーニングなども期待大だ。
この装置がパソコンの前だけでの使用ではなく、携帯装置と組み合わせマラソンに使えば「ランニング・ハイ」促進装置ともなり疲れにくく持続性が高まる脳波コントロールなども楽しい。

そのような訳で、是非出力仕様などを公開して各社が応用技術を競える環境を整えて欲しいものだ。

Photo_5

(カラクリ儀右衛門が製作した万年時計 表示能力がすごい精度だ)

この様な装置を「東芝」が手がける柔軟性、さすが「カラクリ儀右衛門」こと田中儀右衛門創業の遺伝子が残っている会社と喝采を送りたい。

Photo_6
筆者の別ブログ 「今日は何の科学日」       http://trizmegane.cocolog-nifty.com/day/
 過去の当日に関わった出来事・人物・技術要素などにコメントを付け筆者が思っている事・感じる事などを随想するブログです。

のぞいて観てください。

       !!     いよいよ スタート  !!

TRIZ の技術をふんだんに含んだ 問題解決手法・アイデア出し・新商品開発に効果的な手法 「アミダ メソッド」 一部公開しています。

覗いてみてください。

http://gah03167.g.dgdg.jp/p003tejun.html    制作 /夢少年    

Terotupu_2

更に 新ブログ スタートしました!

    「図解 科学技術用語」

 リンクはこちらから http://trizmegane.cocolog-nifty.com/zukai/

科学・技術に関わる法則・定理・などを図解により簡単に解説します。

Photo_6

« メラミックス、住金物産が本格販売開始。 | トップページ | シリコン振動子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528803/47807141

この記事へのトラックバック一覧です: 東芝 脳波 測定機 発売発表:

« メラミックス、住金物産が本格販売開始。 | トップページ | シリコン振動子 »