2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集 お友達など

最近のトラックバック

« シロアリにアルコール作りの下準備をしてもらおう。 | トップページ | 東芝 脳波 測定機 発売発表 »

2010年3月13日 (土)

メラミックス、住金物産が本格販売開始。

ベアリング用のボールとしてイスマンジェイ社のシリコン合金製を販売するとの事。
日経産業新聞で紹介されていた。

Photo_5

特に風力発電機用ベアリングボールとして4ミリから50ミリ径を用意するとの事だ。

風力発電用は通常のベアリング鋼製でボール通電という特異な電食又は放電腐食を起こし易い。
この現象が起こるとボール表面がザラザラとなり転がり抵抗が増し、微風の時にスムースに回らないのだ。
又振動や騒音の原因とも成り風車の運用がままならなくなる。

この為にもボールが非通電性である事は腐食を起こさず大変に都合がよいのだ。
風車の設置場所は海岸沿いが多く、塩害による金属部の腐食も考えなければ成らない。
この点でもシリコン合金のメラミックスは耐食性は抜群に良いから好都合となる。

Photo_6

2月13日付け記事でも書いたが風車の故障は今後大きな問題となるだろう。
筆者が千葉県九十九里浜付近の屏風ケ浦地区を旅行した時、風車の設置台数の多さに驚かされた。
一目出来る範囲で約30機確認出来た。

しかし、当日は程良い風具合であったのに5機は停止していた。
故障ではなくただのメインテナンス時期かもしれないが16%が停止状態であった。
さすがに翼折れは見かけなかったがベアリング起因による停止でない事を願った。
風力発電機の故障停止は周辺の人々が黙視で確認出来るから、風車の運営関係者は直ぐに批判の矢面に曝される。

Photo_7
とにかく交換・修理が高所であるだけに、大変な手間とコストがかかるのだ。
そんな意味でもボールを非導電性にする必要性が高い。

住金物産はイスマンジェイ社に資本参加もしているようだが協調しつつ発展してもらいたい。

株式会社イスマンジェイ    http://www.ismanj.com/

Photo_8

筆者の別ブログ 「今日は何の科学日」       http://trizmegane.cocolog-nifty.com/day/
 過去の当日に関わった出来事・人物・技術要素などにコメントを付け筆者が思っている事・感じる事などを随想するブログです。

TRIZ の技術をふんだんに含んだ 問題解決手法・アイデア出し・新商品開発に効果的な手法 「アミダ メソッド」 一部公開しています。

覗いてみてください。

 http://gah03167.g.dgdg.jp/p003tejun.html    制作 /夢少年    

Terotupu_2

« シロアリにアルコール作りの下準備をしてもらおう。 | トップページ | 東芝 脳波 測定機 発売発表 »

コメント

 まあコーティングレスこそ最強パンチですね。メラミックスは硬いだけでそのような反応はありませんね。

 やっぱり産業機械の国の競争優位性は境界潤滑をどう制御するかにかかっていて
ドイツ車のダウンサイジングの嵐も、結局ピストンピンにDLCだった。しかしこれは違う。潤滑システムを見直せと言っている。自分の担当の部品だけに固執して表面硬度
をガンガン上げて、相手材を破壊したり、循環システム全体にナノダイヤをまき散らすのは良くないといっているのだ。つまりドイツ方式の部分最適化ではなく全体でドイツを上回るエンジンを作れる展望を示しているのだと思う。

 SLD-MAGICの境界潤滑下でのトライボロジー特性は脚光を浴びていますよね。自動車のエンジンなんかのパワートレイン部品で浸炭しているものなどが置き換わることを指摘している方もおられますね。

紹介されているベアリングを自分のオートバイに組み込みたいのですが、個人では入手は不可能ですか?

 日立金属さんのSMAGICという工具鋼のPV値はなんと900MPam/minと驚異的な自己潤滑性を持っているらしい。メラミックスの表面にも面白いトライボケミカル反応が生じているのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528803/47796433

この記事へのトラックバック一覧です: メラミックス、住金物産が本格販売開始。:

« シロアリにアルコール作りの下準備をしてもらおう。 | トップページ | 東芝 脳波 測定機 発売発表 »