2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集 お友達など

最近のトラックバック

« ビル・ゲイツ氏 東芝と 新型原子炉開発を進めるか !! | トップページ | 神戸製鋼、ベトナムで新製鋼法 (ITmk3) による還元鉄作りを始める。 »

2010年3月29日 (月)

青色LED 中村修二氏 韓国のLEDメーカーへ !

青色LEDで著明な中村修二氏、韓国のLEDメーカー・ソウル半導体の科学顧問に就任。

Led

     ( LED イルミネーション )

日亜化学と特許戦争を行った後、日本から転出してカリフォルニア大学サンタバーバラ校の教授に就任した中村修二氏が今回世界で第4位のシェアを有する韓国のLEDメーカーの科学顧問に成った事は「技術立国」を謳っている日本にとって感慨深い。

2000年に米国にわたった後、2006年にはフィンランドの「ミレニアム技術賞」を受賞しています。
日本では何故かあまり報道されなかったのですが世界の優れた技術者に2年に1度与えられる「技術革新が社会にもたらす影響が大きい」「技術分野のノーベル賞」といえる栄誉でノーベル賞と同様の賞金100万ユーロ(約1億2400万円)を授かっています。
その後の去就を気にしていましたがやはり日本へはまだ戻られませんでしたね。

日亜化学との確執は未だにいろいろな言い方をする方がおられますが、彼の研究・技術が無ければ今日の日亜化学はあり得なかったでしょう。

青色LED発明の10年後、LED部門の売上は1200億円を超えています。
2010年の売上金額はおよそ2,200億円但し収益率は大きく下がってきている。
LED業界は応用性の広がりと共に、過激な競争状態に成ってきている。

もちろん彼は会社を離れ、他の技術者達が技術を構築していったのでしょう。
しかし彼の「火種」が無ければどれ程後にこの技術が発露した事でしょう。

ミレニアム技術賞の受賞理由で「高輝度青色LEDの発明で光電子工学界をあっと言わせ、その後次々に緑色LED、青色レーザーダイオード、白色LEDを発表。こうした発明はすべて、半導体分野の研究者が何十年もかけて達成しようとしていたものだった」と受賞理由を述べています。
これが世界の「観る目」だと思います。

企業は設備・給与を従業員に与えてリスクを取っているのだから、発明の権利を強要するなと言う考えを持っている所も多いが、人無くして発明は絶対に出てこない。
センサーメーカーの「K」社の様にごく少数のスタープレーヤーにより画期的な商品を次々と出し高収益な体質を維持している会社も有る。
一般技術者の4~5倍の待遇と聞いている。これで優良企業となっている。

日亜化学の近傍のワープロソフト会社「ジャ○○ ○○テム」に盛衰を見た。
著者は「○○朗-2」からの愛用者・ファンである、以後画期的な新製品・ソフトが出てこなった。
ソフトこそ人が作る創造物の最たる物、この様な事を当てはめれば創造的新技術はどこから発生するか気が付くはずであるが・・・・

中村氏による実績はこれからの物だろうが、韓国の技術会社は本当に力を付けてきていると感じる。
働いている方々の「熱気」を感じる、半導体・液晶・造船・重電それぞれに独創性を発揮し始めていると感じる。
商品開発事例などを読むと必ずの様に 「TRIZ」の技術を使い込んでいる。

ノーベル賞を狙わずとも、商品・技術開発へ独創的思考で立ち向かう人材を温遇していただきたい。

江戸時代から明治へと激変した維新の時、日本は多くの外国人技術者を20~30倍の給与で雇った。知識・技術を買い集めた。
大臣と同等の年間所得を与える技術者もいた。
これにより日本は急速に先進諸国に近づいていった。

Photo
     (Look East の実践者 達だ !)

近年、アジア諸国はこれを手本として(Look East) 日本 から技術者を多く雇って(引き抜いて)いる。
メモリー・液晶・金型などは差違が無い程に急接近してきている。
今後、企画・研究開発なども同様な手法で力を付けてくるだろう。

さて、日本の取る道はいかに。

少子化は大きく問題視されているが「少技術者化」問題も各制度を含めて検討しないとならないだろう。
技術者職には「夢が無さそう」と感じる若者は増えつつある。
「技術に携わると楽しくて生活も結構良いね~」こんな環境を準備しないと淀んだ国NIPPONになる。

中村修二氏の生き方を揶揄する意見も聞くが、技術を必死に追求した事が無い人々の悋気の様に感じる。

Photo_2

筆者の別ブログ 「今日は何の科学日」       http://trizmegane.cocolog-nifty.com/day/
 過去の当日に関わった出来事・人物・技術要素などにコメントを付け筆者が思っている事・感じる事などを随想するブログです。(イスマンジェイ・メラミックス ウオッチャーです)

のぞいて観てください。

又、まもなくTRIZ の技術をふんだんに含めた課題解決手法「アイデア ビッグバン」携帯版を販売いたします。参考に紹介のページをご覧下さい。
http://gah03167.g.dgdg.jp/hanbaimadoguchi.html

121012

先輩技術者の智慧を借りましょう・活用しましょう。
今あなたが苦しんでいる課題・アイデア出しは先輩技術者ががすでに解決したことがあるはずです。
拝借・適用しましょう。

« ビル・ゲイツ氏 東芝と 新型原子炉開発を進めるか !! | トップページ | 神戸製鋼、ベトナムで新製鋼法 (ITmk3) による還元鉄作りを始める。 »

コメント

必ず引っ付いてきて恩を仇で返す究極の反日国韓国

でも、待遇が、業績の対価が不当に低い事と、
敵国の会社にお金で釣られるのは全然関係ない。敵国の会社の金に喰い付いてしまう程貧しいのか?いいや、中村はクズの売国奴ということ。
報酬と豊富な研究資金に目が眩み侵略帝国に寝返る、ドラマの中の悪の科学者そのもの。
違います?

二足歩行ロボ=アシモ=ホンダとなっているが、研究開発の中芯人物の名、待遇については全く情報が出ないのも、やはりホンダといえど創業者はすでになく、同じ日本の企業風土になってきているのだろう。恥ずかしい程の低待遇だったりしてな。
ばかな文系の上層部が理系の業績をまともに評価できず潰してしまう。
文系は日本のお荷物なんだ馬鹿野朗。
ばかやろーーーーー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528803/47942056

この記事へのトラックバック一覧です: 青色LED 中村修二氏 韓国のLEDメーカーへ !:

« ビル・ゲイツ氏 東芝と 新型原子炉開発を進めるか !! | トップページ | 神戸製鋼、ベトナムで新製鋼法 (ITmk3) による還元鉄作りを始める。 »