2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集 お友達など

最近のトラックバック

« イスマンジェイ社「メラミックス」 2/2.E | トップページ | 「メラミックス」展示会 観て感じたこと »

2009年2月12日 (木)

メラミックス 手に取ってみました、展示会で・・・

 2月06日 横浜での展示会に行って参りました。

数枚のパネルと展示物、HP 記述以外の内容が有るか見渡してみた。
「全ての特殊鋼の代替可能」と言うパネルが目に入った。
だいぶ物性検証が進んでいるなと感じる。
確かに、1200℃の耐熱性が有り・高い靱性・強度・アルミ並の軽量性・耐摩耗性まさに優等生だ。
φ50程の球体見本を取り上げてみた、スチール製との比較展示た゜。
「軽い!」これがメラミックスか、アルミ球を持っている感触だ。
これなら運動体部分の構造材に最適だ 。
素材としての粉末体、一見荒そうに見えるこれで500ナノの粒度かな。
近くにメラミックス入りプラスチックペレット体が有る、はてな ?
これでどんな特性が出るのかな、出典説明者のM氏 に尋ねてみる。
そばの展示品「シートロール」を取り上げて、これが押出機で成型した物ですと1ミリ程の厚さのゴムシートを手渡してくれた。
米国で防弾チョッキの内装材として実用化しているのです、との事そんな応用性も有るのかと感心。
水混練による押出材サンプルも有った。但し、歪みも相当に見受けられ改善の余地大いに有りだ。
しかしバインダーにパラフィンを使わず「水」で挑戦している事に「ロハス」スピリッツ/ミッション性を感じる。
エンジン部材の弁座有り、耐熱性・耐摩耗性・耐酸化性特徴を最大限適用できる。
インジェクション品の展示もある、小さなブレード様の製品だ、金属製と同一形のメラミックス成型品だ。おそらく M I M 法がそのまま横展開で採用出来るだろう。
小物の製作は相当実用的段階に進んでいる。

一点気になる展示品が有った。

4㎝角10㍉厚板材にM5㎜のねじ穴を立てたサンプルだ。
何故このシンプルなサンプル品を展示するのか ?

加工「出来た ! 」見本なのだ。
メラミックスの特性が支障となり、小穴加工が困難なのだ。

非導電性/放電加工だめ、高耐食性/電解加工だめ、高硬度/ダイヤモンド加工のみ可、レーザー加工もアンダーカット加工は不可能だ。
総合的な製造コストは割安だか、加工性の制約が強くては・・・・・・

以下次号に続く

TRIZ 考
加工性の悪いメラミックス材に対して、TRIZ手法はどんなヒントを与えてくれそうか ?

発明原理 
     「先取り作用」「仲介原理」   TRIZ №  IP 10/40 だろうか。

リンク先 イスマンジェイ ;http://www.ismanj.com/
  TRIZホームページ(日本で最大・最詳);http://www.osaka-gu.ac.jp/php/nakagawa/TRIZ/
特許庁 特許電子図書館http://www2.ipdl.inpit.go.jp/begin/be_logoff.cgi?sTime=1228656791
* 無償で使用出来る、まずのぞいてみよう。

TRIZ の技術をふんだんに含んだ 問題解決手法・アイデア出し・新商品開発に効果的な手法 「アミダ メソッド」 一部公開しています。

覗いてみてください。

 http://gah03167.g.dgdg.jp/p003tejun.html    制作 /夢少年    

Terotupu_2

« イスマンジェイ社「メラミックス」 2/2.E | トップページ | 「メラミックス」展示会 観て感じたこと »

大型新人」カテゴリの記事

コメント

 なんでこの時代、しょうもない開発にネットは反応して重要な発明品を見逃していたようなきがする。それは特許庁の役人が、昔から発明は開発の上位概念であり、特許が取れないなら発明という言葉を使うなという厳しい縛りを作ったからです。逆に、それでは実用性が無くても特許が成立すれば名誉ある発明者になれるとしてドクター中松みたいな存在が浮上する。
 逆に、英国風の色濃かったかつてのアカデミズムはエジソンは町の発明家で、われわれ学者と相容れないという見解もあった。
 とにかく色んな科学技術の表現方法があり、昔は応用研究者がけっこうあやしがられていたが。小保方氏のことで基礎研究にも暗躍する謎の集団が進入してきているのを物語る。
 インターネットを検索しても最近はゴミレベルのものしか引っかからなくなっている。よっぽど多くのキーワードの入れないと絞り込めない。ということで検索エンジンのサイトは語数を制限しないアルゴリズムが望ましい時代に到達しているのではと思われる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528803/44033770

この記事へのトラックバック一覧です: メラミックス 手に取ってみました、展示会で・・・:

« イスマンジェイ社「メラミックス」 2/2.E | トップページ | 「メラミックス」展示会 観て感じたこと »